未分類

映画「男はつらいよ 全48作」の動画をフル無料視聴する方法!anitube、デイリーモーション・pandora・9stuの配信は?

12月27日から全国劇場公開される
山田洋次監督 渥美清さん主演の映画『男はつらいよ お帰り寅さん』

過去の渥美清さん映画「男はつらいよ」全作品フル動画を無料で視聴できるサービスをU-NEXTがやってくれました!!

男はつらいよ 全48作全部見放題なんです。

お正月は、寅さんシリーズで笑いに涙ですね!

映画「男はつらいよ 全48作」のフル動画を無料で視聴できるサービスはU-NEXTがおすすめ!
『男はつらいよ』48作の動画が高画質 無料フルで見放題ってホント!>>>こちらからすぐ登録で観れる

男はつらいよ48作の動画が高画質 無料フルで見放題ってホント!>>>こちらからすぐ登録で観れる

映画「男はつらいよ 全48作」観たいポイントは

  • 各回のマドンナと寅さんのラブロマンス
  • 男はつらいよ 主題歌 毎回のバージョンが知りたい。
  • 若い頃の浅丘ルリ子
  • 車寅次郎の妹・さくら役の倍賞千恵子さんはじめ豪華キャスト
  • 若い頃の後藤久美子

後藤久美子、前田吟、池脇千鶴、美保純、佐藤蛾次郎、桜田ひより、北山雅康、笹野高史、夏木マリ、浅丘ルリ子

映画「男はつらいよ 全48作」動画をフル無料視聴方法!おすすめは断然U-NEXT

映画「男はつらいよ 全48作」をフル無料で観ることが出来る動画配信サービスはどこ

動画配信サイト 映画「男はつらいよ 全48作」を観ることができるサイト
U-NEXT ポイントを使って無料視聴が可能
Hulu 未配信・観られない
FODプレミアム 未配信・観られない
dTV 配信されているが有料
ビデオパス 配信されているが有料
ビデオマーケット 配信されているが有料
Amazonプライム 配信されているが有料
その他

映画「男はつらいよ 全48作」の動画をフル無料観るなら おすすめはU-NEXT

『男はつらいよ』48作の動画が高画質 無料フルで見放題ってホント!>>>こちらからすぐ登録で観れる

U-NEXTがおすすめの理由

今すぐ無料視聴が可能 最新作が楽しめるUNEXTポイントを600円分プレゼント!

しかも「男はつらいよ」 全48作品は全て見放題

主演の大ヒット映画「男はつらいよ 全48作」のフル動画を無料で視聴できるサービスはU-NEXTがおすすめ

U-NEXTの動画配信で無料視聴できます。

登録後31日間は無料トライアル期間

トライアル視聴期間であれば無料で解約できる

U-NEXTのレンタルポイントで「男はつらいよ 全48作」を視聴

U-NEXT無料登録の注意点

※U-NEXTでは新規加入トライアルで新作レンタルポイント600円分がもらえます。そのポイントを使って「男はつらいよ 全48作」を0円で視聴することができます。

『男はつらいよ』48作の動画が高画質 無料フルで見放題ってホント!>>>こちらからすぐ登録で観れる

U-NEXTのメリットが凄い!映画好きには特にオススメ!

U-NEXTなら

  • 男はつらいよ 全48作と他の作品も充実
  • 登録と解約手続きがすぐに簡単にできる
  • 動画作品の配信数が圧倒的に多い
  • 無料トライアル期間が非常に長い

・映画「男はつらいよ 全48作」が今すぐ無料でフルで視聴可能

  1. 今すぐに無料視聴ができます
  2. 31日間の無料トライアル
  3. 電子書籍も配信
  4. U-NEXTの動画配信数は16万本と国内最大級

デイリーモーションやパンドラでは映画『男はつらいよ 全48作』の動画は視聴可能?

男はつらいよ 全48作動画の視聴にanitube、デイリーモーション・pandora・9stu・kissanimeなどは危険です。

海外の無料動画サイトで観るのは以下の点で危険とリスクがあります。

デイリーモーションやパンドラの問題点

  • 違法動画ダウンロートとして視聴したりダウンロードした方も処罰される場合がある
  • 悪意のあるウィルスに感染し個人情報等のセキュリティがハッキングされる恐れがある

動画配信サービスを利用して映画『男はつらいよ 全48作』をフル無料で見よう!

 

  1. U-NEXTに登録すればたった3分で、映画が無料で視聴できる!
  2. U-NEXTの登録の仕方を画像付きで解説!
  3. U-NEXT対応の機器(デバイス)が豊富

映画 「男はつらいよ 50 お帰り 寅さん」作品情報

お帰り 寅さん本予告

1969年の第1作公開から50作目。1997年公開の前作から22年ぶりの新作

あらすじ

寅さんの甥・諏訪満男役の吉岡秀隆がありし日の寅さんや葛飾柴又のみんなをを回想しながら、、、温かい物語の展開に

あれから22年小説家になった寅さんの甥・諏訪満男が主人公

満男は妻を7年前に失いサラリーマン時代に書いた小説が認められ、小説家に転身

そしてサイン会の席で結婚の約束もしていた初恋の及川泉(後藤久美子)に出会う。寅次郎の恋人のリリー(浅丘ルリ子)に泉をあわせる満男

リリーから語られる寅次郎の思い出はやがて満男と泉に温かい何かをもたらしていく。

笑いと涙につつまれる物語の主題歌は桑田佳祐さん

『男はつらいよ』48作の動画が高画質 無料フルで見放題ってホント!>>>こちらからすぐ登録で観れる

キャスト

タイトル:映画『男はつらいよ お帰り 寅さん』
出 演 :渥美清 / 倍賞千恵子 吉岡秀隆 後藤久美子 前田吟 池脇千鶴 夏木マリ 浅丘ルリ子
出 演 :美保純 佐藤蛾次郎 桜田ひより 北山雅康 カンニング竹山 濱田マリ 出川哲朗 松野太紀 林家たま平
出 演 :立川志らく 小林稔侍 笹野高史 橋爪功

スタッフ

原 作・監 督:山田洋次
脚 本 :山田洋次 朝原雄三
音 楽 :山本直純 山本純ノ介
主題歌:「男はつらいよ」渥美清 / オープニング 桑田佳祐

男はつらいよ 全48作評価

テキ屋稼業を生業とする「フーテンの寅」こと車寅次郎

故郷は葛飾柴又で大騒動を起こす人情喜劇

京成金町線柴又駅前にには「フーテンの寅」さんこと車寅次郎の銅像まであります。

旅をする寅さんを包み込む日本各地の美しい風景

そして毎回旅先で出会った訳ありの「マドンナ」に恋心を抱くも

その運命の先は失恋か悲恋の別れ

成就することのない寅次郎の恋愛模様を描く「男はつらいよ」

国民的映画「寅さん」(とらさん)シリーズ48作は笑いあり涙ありで観るものを笑いと涙の世界に引き込みます。

男はつらいよ 全48作見どころ・U-NEXTで観た感想・視聴者の声(ネタバレあり)

さて、山田洋次監督渥美清さんのフーテンの寅さんの全48作見どころについて視聴者の方から感想を頂きましたのでこちらに記載押させていただきます。やはり懐かしめでマドンは光本幸子や浅丘ルリ子さん演じるリリーが登場していますね。

見どころ・感想「男はつらいよ 第1作」※ネタバレ注意

第1作のマドンナは光本幸子さん

全作品を見ましたが、やはり一作目は強い印象が残っています。
シリーズを重ねるごとに寅さん自身年齢を重ねるので、登場する若者たちに対しての良き人生の先輩という印象になります。
しかし、はじめの一作では、ダメな兄さんと柴又で暮らす家族とのやり取りが中心となっているように思います。
今作品が公開されたのは1969年なので、汽車が走り、簡易的な宿屋が登場しています。
シリーズ後半では、テレフォンカードの使える公衆電話や持ち歩きできるステレオ、カラーテレビに、寝台列車など様々なものが登場します。
その中で寅さんという存在は少しずつ異質なものになっていくと思うのですが、やはり一作目ではその異質を感じません。
異母兄弟のさくらとの再会、そして彼女の結婚への道のりには寅さんという存在が大きく影響しています。
さくらと博が家族になり、子どもが生まれ、マイホームを持つなんてことは、この作品ではまだ想像つきません。
全ての始まりがここにあったと思う作品で、男はつらいよシリーズをどれか一つ見るのであれば、ぜひこの一作目は外せないと思います。

見どころ・感想「男はつらいよ 寅次郎忘れな草」※ネタバレ注意

マドンナは浅丘ルリ子さん

主人公の寅次郎同様、浅丘ルリ子演じるヒロインのリリーもまたフーテンの旅人として描かれています。女性の身ながらも方方を一人渡り歩くという設定になにかときめくものがありました。リリーがこれまで送って来た日常が人並みはずれたもので、考えによっては世捨て人のようでもありました。その強さと儚さが印象的でした。寅さんや自分達ようにあちこち行く者を根無し草と自称し、その生き様を海に浮かぶあぶくのようだと例える場面は一番印象的でした。ぶくっと浮かんで消えておわりのあぶくなどあってもなくても良いもの、自分たちをそんな風に儚いものに例える彼女の感性に心じかれるものがある趣ふかい一作でした。浅丘ルリ子がクールに演じる美しきヒロインがまたハマル良さがあってしびれました。

見どころ・感想「男はつらいよ 寅次郎純情詩集」※ネタバレ注意

昔から男はつらいよのシリーズが好きで、かなり見てきたつもりでしたが、この作品はつい最近まで見たことがありませんでした。たまたま見つけ、「最近笑ってないから、笑おう」と気軽に身始めたら、最後号泣してしまいました。なぜなら「人はなぜ死ぬのか」という思いテーマを扱っており、マドンナとの最も悲しい別れ方で終わっていたからです。なのに、胸に暖かいものが残る、実に余韻の美しい作品でした。最初の寅さんの人の良さからくる駄目っぷりと(でも憎めない)、幸薄い人生だったマドンナのために尽くす寅さんの人としての美しさとの対比も見事でした。そして、最後の柴又駅のホームでの寅さんを抱きしめたくなりました。それくらいメッセージ性が強く、そして寅さんの美点も表現しきった見事な作品で、一押しの作品です。

見どころ・感想「男はつらいよ寅次郎夕焼け小焼け」※ネタバレ注意

マドンナは「ぼたん」太地喜和子さん

第17作ということで中期の作品になりますが、初期のころを思わせるテンポの良さでドタバタ劇が続きます。ただ、何といっても素晴らしかったのがキャスティングです。マドンナぼたん役の太地喜和子さんと日本画家役の宇野重吉さんが芸達者ぶりを発揮し、寅さんのボケをより際立たせています。本当は弱いのに気丈に振る舞うぼたんと寅さんの息はぴったりで、太地さんの演技は歴代マドンナでも最高といえるでしょう。宇野さんも名優といわれるだけの演技を見せ、寅さんの「動の演技」を「静の演技」でしっかりと受け止め、ストーリー以上の存在感を示しました。ラストシーンに寅さんとぼたんの再会が描かれましたから、続編がありそうに思えましたが、太地さんの急死で消えてしまったのは残念です。もし、続編が作られていたら、ぼたんは浅丘ルリ子さんが演じたリリーと並ぶ嫁さん候補となっていたように思います。ちなみに戦前の名女優岡田嘉子さん、マドンナも務めた榊原るみさんが脇を固めています

『男はつらいよ』48作の動画が高画質 無料フルで見放題ってホント!>>>こちらからすぐ登録で観れる

見どころ・感想「噂の寅次郎」※ネタバレ注意

マドンナ 大原麗子さん

この作品はまだ私が高校生ぐらいで大原麗子がテレビドラマで活躍していた頃に上映されました。
職安の斡旋でとらやに働きに来ていた早苗こと大原麗子を旅から帰ってきた寅さんが一目ぼれして、偽腹痛騒ぎまで起こしてとらやに居座ることになるのですが、若くて綺麗な大原麗子は本当に魅力的で私にとっても憧れの女性でした。
でも彼女には別居中の夫も居て、やっぱり幸薄い女だったんです。
結局旦那とは離婚して、彼女に想いをずっと抱いてきた義兄と幸せになるという結末だったのですが、当時の私には寅さんが自分の想いをストレートに早苗にぶつけて、強引にでも結ばれてしまえば良かったのにというくやしさ、切なさが強く心に残りました。
淋しそうな早苗が寅さんの優しさに触れて「寅さん、好きよ。」とまで言ってくれたのに、何でもう一押しできなかったんだと。
でもこれが「男はつらいよ」の「寅さん」なんですね。
当時「雑居時代」というテレビドラマを夢中で見ていた大原麗子ファンの私には何とも言えない想い出深い作品となりました。
この人情溢れる、そして自分の幸せよりも他人の幸せを優先する寅さんの生き方の素晴らしさは、歳を重ねた今の私にはよくわかる様な気がします。

見どころ・感想「第3作 男はつらいよ フーテンの寅」※ネタバレ注意

マドンナ 新珠 三千代さん

「男はつらいよ」は昭和時代を代表する名作ですね。
私が初めてこの作品を観たのは、東京下町に旅行に出かけた時に寅さん記念館に立ち寄った時です。
感想は、まるで昭和時代にタイムスリップした感覚を覚えました。
「私、生まれも育ちも東京葛飾柴又です。性は車、名は寅次郎、人呼んで風天の寅と発します。」の口上は一度耳にしたら離れませんね。
男はつらいよシリーズに共通していることですが、現代人が忘れかけている人情や自然との共存などが蘇ってくるのです。
ぶっきらぼうな話し方だけど、何か憎めない人間としての感情が現れていて凄い人間味を感じますね。
古き良き昭和時代を回想させてくれます

見どころ・感想「男はつらいよ 柴又慕情」※ネタバレ注意

マドンナ 高見歌子(吉永小百合)さん

旅先の金沢で、マドンナ役の吉永小百合さん演じる高見歌子を含む三人の女子旅仲間との出会いの場面では、いつもながら、女性の前でいい男を演じる寅さんが可愛らしく、笑ってしまいました。美しい石川県や福井県の情景とともに、結婚の悩みを抱えた魅力ある女性として描かれる吉永小百合さんがとても綺麗で印象的です。寅さんがとらやに帰ってくるときはいつもホッとしますが、30年帰ってないと嘘をついて戻り、家族と顔を合わせた時の寅さんの表情はなんとも言えませんでした。寅さんのことが絶対好きだと見ていて感じてしまう高見歌子との再会から、勘違いをして片思いをするも、最後にはいつもながらにヒロインの歌子を応援する寅さんの優しさに感動してしまう作品です。

 

見どころ・感想「男はつらいよ寅次郎紅の花」※ネタバレ注意

マドンナ  朝丘ルリ子さん

寅さんの最後の作品ですが、舞台の一部を阪神淡路大震災直後の神戸出会ったことが、神戸に当時から住んでいて現在も生活している私には印象深い寅さんシリーズのひとつです。
山田監督も震災直後の神戸はコメディの舞台にふさわしくないと躊躇されていたようですが神戸のファンの請願で決めたようで、寅さんが撮影されると聞いたとき、私も本当に喜んだ記憶があります。
しかしその当時、渥美清さんも末期がんで体調の悪いときだったと後で聞きました。
映画を見ても顔の表情もはりやつやがないような
感じですが、役者魂で演じられていつのが伝わってきます。
あと良かったのは浅丘ルリ子さん扮するリリーと
沖縄で一緒に暮らしているところです。ハイビスカスの花でリリーから愛を告白されているのに煮え切らない態度で別れた二人が最後に仲良く暮らすことができたのは何か救いを感じました。

見どころ・感想「41作 寅次郎心の旅路」※ネタバレ注意

マドンナ  竹下景子さん

寅さんなのにオーストリアという海外でのお話で、話のはじめは結構シリアスな自殺をしようとしていたサラリーマンを助けることから始まりドキドキしてしまい、それと対照のようにオーストリアの歴史的名所が映画で楽しめて、最高に楽しい作品です。
せっかく寅さんはオーストリアに行ったのに、感想をさくらやとらやのみんなに聞かれた答えが、【寺の鐘がゴーンとなって、、、じいさんとばあさんがいて、、、】みたいな柴又と同じじゃない、というさくらの一言がなんとも味があるというか、おおお、これが言えるのは寅さんの作品だけだなと納得>
とにかく最高です。

見どころ・感想「寅次郎相合傘」※ネタバレ注意

30代 男性 会社員

見どころ・感想「寅次郎相合傘」
マドンナ  朝丘ルリ子さん

雨の中番傘をさして迎えに行く寅さんの光景が記憶から蘇ります。寅さんの数ある名シーンの中でも心に残っているのは歌手のリリーにリサイタルを開いてあげたい思いを語ったシーンです。

「ベルが鳴る、場内がスー…っと暗くなるな…」

をきっかけにリリーさんの夢を叶えてやりたい思いを語る寅さんに胸が熱くなり、次第にリリーさんと家族の思いは結婚へ至ります。
しかし寅さんはまた冗談だろ??なぁ??なんてごまかしてしまいます。

リリーさんも寅さんも渡り鳥のような生活、こんな二人が一緒になったらどんなにいいだろうとさくらもみんな願いますが寅さんはリサイタルなんて開けない事をわかっていたのかもしれません。

いつだって真っ直ぐで、男の優しさを知ってる寅さんをもっと好きになる、そんな作品です。

U-NEXTで映画「男はつらいよ 全48作」動画をフル無料視聴がおすすめ