『M愛すべき人がいて』

【M愛すべき人がいて】2話の視聴率とネタバレ水野美紀の怪演が笑えるネタ

【M愛すべき人がいて】2話の視聴率とネタバレ!

2話から登場した水野美紀の怪演が笑える「ここにいるよ〜」に大爆笑の渦

ドラマ「M愛すべき人がいて」は、avex新人の安斉かれんさんが浜崎あゆみを演じるという事で、どんな演技をしてくれるのか気になっている人もいるのではないでしょうか。

第1話では様々な感想がSNSに挙がっていました。
そして第2話の予告で水野美紀さんが登場したことで、「えっまたあの怪演が見られるの?!」と期待した人大正解です!

<スポンサーリンク>

~水野美紀演じる天馬の怪演が笑える~モデルは原田真裕美

天馬まゆみのモデルはスピリチュアルボーカルトレーナー原田真裕美という声もネットで話題になりましたね。

天馬まゆみのモデルは原田真裕美

しかし、ホンマこんな人おるん?(笑)

早速、第2話のあらすじ、ネタバレをしていきます。

<スポンサーリンク>

【M愛すべき人がいて】2話の見逃しはこちら

シリアスな話が爆笑に変わる
~水野美紀演じる天馬の怪演の2話は面白すぎ

そこでは鬼のような講師天馬まゆみ(水野美紀)があゆを待っていました。
あゆは死に物狂いでレッスンを行いますが、天馬はなかなか認めてくれません。
あゆも自分に自信が無くなっていきました。

歌手の安斉かれんさん、俳優の三浦翔平さんダブル主演の連続ドラマ「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系、土曜午後11時15分/ABEMAで全話独占配信)

[M 愛すべき人がいて」見逃し動画配信を無料視聴方法【1話から最終話まで】[M 愛すべき人がいて」見逃し動画配信はココ ドラマ『M~愛すべき人がいて』を見逃した方に!動画を無料視聴する方法。1話から最...

【M 愛すべき人がいて】2話の視聴率

第2話4月25日に放送の平均視聴率(世帯)は5.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。
初回の5.6%(同)をわずかに下回った。

水野さんが演じる、スパルタ鬼講師・天馬まゆみの“怪演”ぶりに、
「破壊力すごかった! 全部持っていったよなぁ」
「ほかが何も入って来ないw」
ネットが騒然となった。

【M 愛すべき人がいて】2話のあらすじ

AVICTORYの社長大浜は、マサがあゆと会い続けていることを良く思っていませんでした。
そしてついにあゆが勝手にマサの元に行ったという事をあゆの所属事務所の社長中谷から聞き、マサにどういうつもりなのだと言います。
マサは中谷に土下座し、あゆを自分の事務所に移籍させて欲しいとお願いします。

マサ(三浦翔平)はアユ(安斉かれん)をニューヨークに夢者修行へ

中谷はマサの熱意に押されて、あゆの移籍を承諾、あゆは自由になりました。

マサはあゆにニューヨークへ行って修業するように命じます。

アユ(安斉かれん)は鬼講師・天馬(水野美紀)のスパルタ特訓に耐えれるか

ニューヨークでは講師の天馬が待っていました。
天馬はあゆに厳しくします。他のレッスン生からも笑われてしまうあゆ・・本当にこのままで大丈夫なのかと
不安になっていきます。

天馬のスパルタ指導は想像をはるかに超えるものでした。
あゆはくじけそうになっていたのですが、マサが会いに来てくれました。
そしてあゆはマサからパワーをもらい別人のように
レッスンをこなしていきます。
天馬から合格をもらい帰国したのでした。

【M愛すべき人がいて】2話のネタバレは水野美紀の怪演

天馬のスパルタレッスンをクリアしたあゆですが、日本に帰ってきてからも試練が待ち受けていました。
あゆは流川がプロデュースすることになったガールズメンバーの選抜合宿に参加することになります。
その講師は天馬でした。

戻ったアユに合宿で壮絶いじめが

合宿の最中、あゆはいじめに合います。マサから特別扱いされているあゆに対して、合宿参加メンバーは面白くないと感じていたのです。
さらにそのような気持ちを抱いているメンバーがいることを知った姫野は、あゆをつぶそうと企みます。

最終選考の日、あゆがデビューするためにはマラソンで
5位以内に入らなければいけないと言われてしまいます。

最終選考、あゆがこけた時は、これで1位は無理だろう、
上手くいってもギリギリ4位とかかな~と思いましたが、マサが出てきてあゆにエールを送ったことであゆが
驚くべきパワーを発揮したのでした。

【M愛すべき人がいて】2話の感想

鬼講師・天馬(水野美紀)の「ここにいるよぉ〜」に爆笑!

 

【M愛すべき人がいて】2話のまとめ

とにかく2話は鬼講師・天馬(水野美紀)のキャラに翻弄されっぱなしですたね~

このドラマ、なかなかあり得ない展開が多いのですが、
水野美紀さんの怪演もすごかったですね・・・

「奪い愛」を思い出した人もいたはずです。
第3話以降、また登場されるのか気になります。

 

<スポンサーリンク>