ドラマ『浦安鉄筋家族』

ドラマ『浦安鉄筋家族』原作ネタバレ・あらすじ・結末・キャスト・視聴率

ドラマ『浦安鉄筋家族』原作ネタバレ・あらすじ・結末・キャスト・視聴率

ドラマ『浦安鉄筋家族』原作からのネタバレを含めて紹介

人気マンガとして人気だった浦安鉄筋家族。1度は漫画を読んだ人も多いのではないでしょうか?千葉県浦安にある大沢木家が舞台になっているホームコメディードラマになります。

原作をドラマ化するのは不可能といわれたどんちゃん騒ぎの1家を描いています。
あらすじ、結末など気になるところばかりですが、原作ネタバレも含めまとめてみます。

キャストのユニークさから視聴率も気になる

高視聴率間違いなしコメディードラマ、キャストも癖のある面白い人が集結しているので、演技も注目してみてください。

<スポンサーリンク>

ドラマ『浦安鉄筋家族』原作は

浦安鉄筋家族は昔週刊少年チャンピオンに連載されていたドタバタなギャグ漫画が原作になります。
大沢木家の大黒柱をメインにエネルギー溢れる一家を描いており、原作者であえてドラマ化するのは色んな問題がありすぎて無理!と答えるほどです。
ネタバレからいうと掟破りの原作ですが、1993年から連載が始まり、2018年以降もタイトルを変えながら浦安鉄筋家族は連載されてきました。

漫画だけでなくCDドラマやキャラクターブックなども発売されていたそうで、ギャグ漫画の売上も日本一に輝いたほど人気のある漫画でした。
凄い記録を持ってのドラマ化なんです。

漫画書いたのは浜岡賢次さんでドタバタ漫画を大得意とされている方で、ドラマも先生の人物設定もそれが反映されています。

あまりにも問題あるらキャラクターも多いですが架空のキャラクターに加えて実在しているる人物が入り交じって実写化されているところが面白いですね!

<スポンサーリンク>

ドラマ『浦安鉄筋家族』ネタバレ・みどころ

ネタバレ1 現実ではありえないレベルの事件がくりひろげられる。
浦安鉄筋家族のみどころはなんと言っても今の平凡な日常ではありえないレベルの事件が多発することです。原作同様凄まじい事が起こります。特に面白いのが実在する人物やキャラクターをちょいちょいいじりながら登場させたり、一部コマの住みにう〇ちが描かれているなど遊びごころが隠れています。

ネタバレ2 少し下品だけど笑える

初めて見る方も漫画を知っている方も楽しめるポイントですし、少し下品は表現も含まれるかもしれないところがこの原作漫画が、子供も大人も楽しめるドラマではないでしょうか。

ネタバレ3 キャストが原作漫画とそっくり!

またキャストとして主演を務めるのが佐藤二朗さん、個性豊かな大沢木家は何事にも常に全力で浦安の日常を描いており、その妻を水野美紀さんは普段子煩悩な母親を演じていますが、ひとたびスイッチが入れば暴走を止められない母親、そして佐藤二朗の祖母をするのがアホの坂田こと、坂田利夫さんは自分にそっくりな役ということで、もうこれだけで視聴率上がること間違いなしの面白いドラマ決定です。

みなさんの演技に注目しながらみてください。

最終回のネタバレは(結末予想)

浦安鉄筋家族の最終回のネタバレとしてはっきりしたことはいえないのですが、家族をテーマにしている内容になることは間違いないです。

ネタバレ4 下ネタオンパレード?

原作ではかなり下ネタが多いので、それを実写化してしまうとかなり汚いドラマになってしまいそうですが、事前に汚いドラマでごめんなさいという謝罪をしているそうかので、受け取り方次第では下ネタバンバンのドラマになるのかどうなのかはハッキリしていません。

元々少年向けのギャグ漫画が原作なので、ある程度の下ネタはきっても切り離せないようになっているかもしれませんが、大人も子供も楽しめるユーモアあるドラマに変わっているかどうかもチェックしておくべきです。

ネタバレ5 原作と佐藤二朗さんの役が違う

原作で佐藤二朗さんは小鉄役でしたが、今回は父親の大鉄になっているので、ネタバレとして今は社会人になっているのでは?と思われます。

また原作では小鉄軍団が大暴れしますが、そんな軍団を大人目線でみると意外とギャグだけでなく成長物語としてもドラマ化されているのではと思います。

『浦安鉄筋家族』キャスト

浦安鉄筋家族 キャスト

  • 大沢木大鉄:佐藤二朗
  • 大沢木小鉄:斎藤汰鷹
  • 大沢木順子:水野美紀
  • 大沢木桜 :岸井ゆきの
  • 大沢木晴郎:本多力
  • 大沢木金鉄:坂田利夫
  • 大沢木裕太:キノスケ

浦安鉄筋家族 監督は瑠東東一郎

脚本は上田誠 諏訪雅、酒井善史(ヨーロッパ企画)が担当

『浦安鉄筋家族』に対する期待の声

このギャグ漫画絶対実写化無理といわれた「浦安鉄筋家族」のドラマ化に期待の声がたくさんあつまっています。熱狂的なファンが多い「浦安鉄筋家族」は高視聴率間違い無しの2020春のドラマです。

男性 20代 「浦安鉄筋家族」自分の小学ギ校時代から連載していたギャグアニメが連載になったことに驚いた、そしてエンディング曲もBiSHを起用しているのも浦安鉄筋家族のハチャメチャ感を壊さず、どんなアニメになるか楽しみ
女性 30代 ドラマ浦安鉄筋家族を見るのはすごく楽しみです。原作の漫画も読んでいて本当に面白くて好きな漫画なのでドラマ化されて嬉しいです。主人公小鉄と小鉄の家族、仲間たちがドラマで一体どんな面白いことをしてくれるのかすごく期待しています。
男性 30代 原作のファンですが、原作のはちゃめちゃな逆テイストをどのように再現するのかすごく楽しみにしています。佐藤二郎さんの役をぶっ壊すくらいのアドリブも期待したいと思います。
男性 40代 この浦安鉄筋家族の注目と言えば、やはり主演が大鉄演じる佐藤二朗さんとあって、果たしてどういった内容になるのかが楽しみです。また、その妻役に水野美紀さんとなるので、非常に夫婦関係にも楽しみでなりません。
男性 40代 以前週刊少年チャンピオンを購読していましたので、実写でどれだけのものを出せるのか非常に楽しみです。CGは必要不可欠ですが、ドリフのような乗りも忘れて欲しくないです。佐藤二朗が出るので少し安心感が有ります。期待してます。
女性 30代 大学生の時によく読んでいた漫画がこうしてドラマになることに驚いている。ましてや、このような少し下品さもあるギャグ漫画がどのようにドラマで表現されるのかものすごく気になります。
女性 50代 このドラマは大人気のマンガが原作になっていて、どんななわずかな出来事もドンチャン騒ぎになる一家の日常を描くホームコメディーのようですので、暗いニュースが多い最近の嫌な気分を笑いで明るくしてくれるのではないかと期待しています。
女性 50代 私は原作を読んでいませんが、ドラマのイメージは元気いっぱいで弾けている感じがしました。
このドラマを観て、たくさん元気をもらえるのではないかと期待をしています。
俳優陣を観ても、楽しいドラマだと言うのが想像できます。
女性 30代 日本一ふざけた漫画のドラマ化、どうなるのか予想できませんね。下品な描写をどうお茶の間にお届けしてくれるのか、出演者たちもどれほどはっちゃけてくれるのかなども楽しみで仕方ありません。
男性 30代 実写化は不可能と言われていた漫画がまさかのドラマ化で話題となっている「浦安鉄筋家族」。しかも主演を務めるのは佐藤二郎さんというこれ以上ないキャスティングとなっています。

『浦安鉄筋家族』視聴率

放送日は朝日テレビ 視聴率はビデオリサーチのデータを掲載しています。

放送日 視聴率
第1話
第2話
第3話
第4話
第5話
第6話
第7話
第8話
第9話
第10話

まとめ

浦安鉄筋家族の原作ネタバレを含めて紹介してきました。
大人気連載漫画が実写化されるとなると、世間の反響も凄いので視聴率もかなり取れるのではと思います。キャスト陣は癖の面白い方が多く、どこまで原作に近づけたドラマになっているのか表現や声、ギャグやリアクションなど今から楽しみです。

話のあらすじや結末など知っていても楽しめるのが浦安鉄筋家族のおすすめポイントなので、ドラマスタートまでにあらすじなど見ておくとより1層楽しめるのではと思います。不可能に近いドラマと聞くだけで面白そうです。

<スポンサーリンク>